Main Page ja

From Metabolonote
jump-to-nav Jump to: navigation, search
Welcome to Metabolonote

Metabolonoteはメタボロミクス実験の「メタデータ」を専門に管理するデータベースです。

メタデータを閲覧する
サンプルセットの一覧からデータを選んでメタデータを閲覧できます。
API
Metabolonoteのデータを外部プログラムから取得することができます。
データの登録と編集
ユーザー登録(無料)をすることで、ご自分のメタデータを登録できるようになります。
システム管理者向け
ソースコードをダウンロードすれば、ローカルのMetabolonoteを構築して利用できます。
ヘルプ
詳しい使い方はこちら。

最新情報/お知らせ

2013年4月24日 
マイナーなバージョンアップ。Metabolonoteシステムが1.2.2になりました。これまで使用を制限していたSemanticMediaWikiの機能のひとつ「ウィキを閲覧」機能が使えるようになりました。

どんなシステム? コンセプトと特徴

メタデータとは、実験データにひもづいている実験手法や解析条件などの詳細情報のこと。論文で言えば「Materials and Methods(マテメソ)」に相当する情報です。メタボロミクスは代謝化合物を網羅的に調べる研究分野ですが、サンプル調製、機器分析、データ解析の各段階がそれぞれ非常に複雑なため、メタボロミクスの実験データには膨大なメタデータが付随してきます。
Metabolonoteはメタデータを専門で管理するデータベースシステムです。メタデータの記録を極力簡単にし、メタボロミクスデータの公開と利用を促進させることを目的としています。メタデータを実験データから切り離すことで、1)同じメタデータを複数のデータベースから利用でき、2)データを公開しやすいという利点があります。

詳しくは

データ構造とID表記

Metabolonoteでは、メタデータを主に4つの階層構造に分けて管理しており、その階層構造に従ってメタデータのID付けをしています。

例) IDが「SE1_S01_M01_D01」 のメタデータは、「SE1:/S01/M01/D01」という名前のWikiページに記載されており、下記のURLでアクセスできます。http://webs2.kazusa.or.jp/metabolonote/index.php/SE1:/S01/M01/D01

Metabolonoteを閲覧する際の予備知識として、ID付けのルールとWikiページ名の付け方をご確認ください。
詳しく読む...

お問い合わせ

Metabolonoteは、バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)ライフサイエンスデータベース統合推進事業の「統合化推進プログラム」、課題名「メタボローム・データベースの開発(代表:金谷重彦 奈良先端大教授)」において、かずさDNA研究所の研究チームにより開発されました。
もっと見る...

ご質問・ご意見等は、下記までメールでお寄せください。

E-mail: metabolonote AT kazusa.or.jp
(※@を半角に変更してください)

Personal tools
View and Edit Metadata
Variants
Views
Actions